スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NRS2

どうも!年年最後の更新ですね、NRS2です。

今日は「年末の挨拶をしたいけど、話題がない!そんな時は自転車ネタだ!」と言う事でNRS2の事を書いてみようと思います。

▼xtcNRS2
xtcNRS2
写真は今年の夏の姿。
今ではフロントライトがHL-EL520からHL-EL540に変わっています。

さて、基本的には2009年に書いた事と大差ないですが、2003年モデルのxtcNRS2、走行による劣化は避けられずタイヤ・チェーン・スプロケットなどの駆動系を中心に至る所にガタが出始めています。
リアサスペンションは買い替えましたが、それ以外のパーツは購入当初のままですからね。あ、ブレーキパッドやアウター/インナーケーブル類は変えてますよ。

ブレーキパッドはメタル/レジンを前後変えたりと、色々な組み合わせで試しましたが、オンロードではレジンパッドの方が走りやすかったです。オフロードの場合はパッドの種類よりタイヤの方が肝心ですね。

それでは~


今年も趣味人でいこうシリーズをご覧頂きまして、ありがとうございました。
来年は~モバイル~の待ち受けをいい加減どうにかしようと思います!

HL-EL540と閃SG-355Bを比較してみました。

自転車で走りやすい気候になりましたね。どうも、NRS2です。
10月も中旬になると、陽が暮れるのがすっかり早くなります。そこで今回はライトのレビューでも書いてみようと思います。

さて、細かい設定の説明です。
→ ハンドルから約10m前後を広角レンズ(35mm換算36mm相当)で撮影した構図です。
→ ライトを取り換えた時に、ハンドル位置が少しずれたりしてますが、カメラ位置と自転車は固定です。
→ HL-EL520は100円均一で売っているアルカリ電池(新品)、それ以外はフル充電のエネループを使っています。

写真が分かる方向けに撮影データを記載しておきます。
今回のカメラは、D200+18-200VR、データは最後の写真を除き、全て共通です。
MF、AWB、ISO400、F7、3秒。フォーカスは地面で照らしている位置に置ピンしています。
(周辺光量低下を防ぐために、F7まで絞っています。この影響でISO400まで増感、露光時間を3秒にしています。)

▼無灯火
無灯火
真っ暗です。

▼サンジェルマン GENTOS閃 SG-355B(点灯/点滅/単四×3/100ルーメン)amazonで買う
GENTOS 閃SG-355B(ワイドビーム)GENTOS 閃SG-355B(スポットビーム)
周辺光が出ないタイプですが、ほぼ均一に照らしてくれます。

ワイドビーム(30度)からスポットビーム(8度)まで無段階で調整できます。
幹線道路がメインで、たまに暗い道を走る程度だったら、これで十分です。

▼キャットアイ HL-EL520 (点灯/点滅/単三×4/1800カンデラ)amazonで買う
HL-EL520
中心光が強力なので写真では分かりにくいですが、周辺光も発生しています。

大型のリフレクターを装備しているので、斜めなどからでも目立つ気がしています。
市街地でしたら、これ一灯で十分な力を発揮します。また、広範囲を照らす周辺光は低速コーナーでの安心感が増します!

▼キャットアイ HL-EL540(点灯(ハイ・ロー)/点滅/単三×4/4000カンデラ/170ルーメン)amazonで買う
HL-EL540(ハイビーム)HL-EL540(ロービーム)
キャットアイの新型を買ってしまいました(笑)

355Bと同様に周辺光が出ないタイプですが、均一に照らしてくれます。
ハイ・ローの違いは明るさのみで、車の様に照らす位置が変わる事はありません。
一応ハンドル直下も照らしていますが、写真では分かりませんね。
また中心光自体は横2m位まで広がっていますが、周辺光に横の広がりがないので、それを補うライトも一灯欲しくなります。

特記すべき点は遠くを照らしても左程まぶしくない点です。
そういう風に作られたライトらしいのですが、355B(スポット)と同じ位置を照らすようにセティングして前へ回ると、その差は歴然です。
これは「対向車に配慮しつつ、より遠方を照らす事が出来る」と言う意味では大変有利ですが、強力な光が(光軸以外)発生しないので、「車に対してのアピールが弱くなる」気がします。
なので、EL540は地面を照らすには最適なライト。だと感じています。

▼EL520+355B
HL-EL520+GENTOS 閃SG-355B(ワイドビーム) HL-EL520+GENTOS 閃SG-355B(スポットビーム)
左からワイドビーム、スポットビーム。

355Bのスポットより、EL520の中心光が明るい事が分かります。
周辺光は、355BのワイドビームよりEL520の方が広範囲を照らしますが、355Bの方が圧倒的に明るいです。

▼EL540+355B
HL-EL540(ハイビーム)+GENTOS 閃SG-355B(ワイドビーム)HL-EL540(ロービーム)+GENTOS 閃SG-355B(ワイドビーム)
HL-EL540(ハイビーム)+GENTOS 閃SG-355B(スポットビーム)HL-EL540(ロービーム)+GENTOS 閃SG-355B(スポットビーム)
左上から、ハイビーム+ワイドビーム、ロービーム+ワイドビーム。
左下からハイビーム+スポットビーム、ロービーム+スポットビーム。

355B(ワイドビーム)より、540(ロービーム)の方が明るい事が伝わると思います。
355B(スポットビーム)でも540(ロービーム)と同等の明るさを誇っています。

EL540+355Bの組み合わせで河川敷のCRを走ってみましたが、共に良い働きをしてくれます。
遠方を照らすのが得意なEL540で遠方を照らし、広範囲を照らすが得意な355Bでハンドル直下から縦10m程、横5m程を明るく照らしてくれます。

反射材がない真黒な服を着てジョギングしている方も、より遠くから発見出来るようになりました。
気持ちの上では30km/hくらいで走りたくなりますが、そこは昔のまま20km/hくらいで走行しています。

▼点灯中のライト
光の道
540はロービーム、355Bはスポットビームですが、共に光の道が見えます。この光軸には入りたくないですね(笑)


それでは

そう言えば、最近書いていませんでしたね。

季節はすっかり秋ですね。どうも、NRS2です。

さて、更新頻度があまりにも下がってしまったので、自転車の話題でも載せておこうと思います。
今回のカメラはD200+18-200です。

▼xtcNRS2
xtcNRS2
現行のNRS2です。
リアサスペンションや消耗品、ライトなどを除けば、購入時のままの姿です。

▼ダウンチューブのロゴとモナーク4.0
ロゴ
やっぱりモナークはいいサスですね。
設定を変えるだけでヒルクライムがより楽になります。

▼フロントライト
フロントライト
キャットアイHL-EL530(左)とサンジェルマンGENTOS閃SG-355B(右)。
今年の頭にライト類を更新したばかりですが、キャットアイのHL-EL540が気になっていたり。

▼テールライト
テールライト
キャットアイTL-LD1100。
いつの間にか生産終了になっていました。後継はTL-LD630になるのでしょうか。
こちらもより軽く、より高輝度なマーズ4.0が気になっていたり。

ブレーキは相変わらずメカニカルディスクブレーキです。
これは色んな人に油圧にすれば?と言われてますが、、、まぁ、うん。はい。

後はリアタイヤが丸坊主です。
タイヤはどうしましょう?やっぱりスリックとブロック両方用意するのがベターなのですかね。


それではお知らせです。
8月1日に「趣味人でいこう写真館」が移転しました!移転によるURL以外の変更はありません。
ブックマークしている方は登録し直してくださいね。
また、Yahoo!フォトがYahoo!ボックスへと変わりますが、当面はフォトのURLのままでも公開出来るそうなので、今のまま公開を続けます。
本館のお知らせに詳しく書いているので、そちらも確認してみてください。

それでは

ライト地獄への道

あけましおめでとうございます!NRS2です。

この時期にする挨拶じゃありませんね(汗)
さてさて、暗くなる時間が遅くなってきたとは言え、まだまだ陽が落ちるのが早いです。
暗くなれば、ヘッドライトを使う時間も長くなる!と言う事で今回はヘッドライトのレビューでも書いてみようと思います。

さて、細かい設定の説明です。
→ 閃355B(スポットビーム)に合わせた構図です。
→ キャットアイ製品は、HL-EL520がハンドルから2m先を照らす位置にセットしたブラケットを使用しています。ライトによって2mより先を照らしたり、手前を照らしたりしてます。
→ ライトを取り換えた時に、ハンドル位置が少しずれたりしてますが、カメラ位置と自転車はほぼ固定です。
(つまり、ライトと照らしている地面との距離は少し変わってます。と言う事です。)
→ 100円均一で売っているアルカリ電池(新品)を使っています。

写真が分かる方向けに撮影データを記載しておきます。ライト本体の写真を除き、全て共通です。
MF、AWB、ISO100、F3.5、一秒です。フォーカスはハンドルに置ピンしています。
今回のカメラは、D200+18-200VRです。自転車の関係でD200を使うのは珍しい気がします。

▼基準用に自然光(無灯火)のみの写真
自然光のみ
真っ暗です。人間の目で見るより遥かに暗いです。

▼キャットアイ HL-EL100(点灯/単三×4)amazonで買う
HL-EL100HL-EL100自然光のみ
左から、本体、点灯、無灯火。
一番右の写真は、一番上の写真と同じですね。

NRS2初代のヘッドライトです。
NRS2当初は、二灯つけてました。当時としては高いアピール力を持っていましたが、地面を照らすには向きませんでした。

▼キャットアイ HL-EL210 (点灯/点滅/単三×4)amazonで買う
HL-EL210HL-EL210自然光のみ
左から、本体、点灯、無灯火。
この辺りになると、何処を照らしているのかサムネイルでも分かると思います。

NRS2三代目のヘッドライト。
次に紹介するEL300とコンビを組んで、主に点滅用として使ってました。
どの角度からでも目立つと言う意味では、今回載せるライトの中で一番のアピール力だと思います。

▼キャットアイ HL-EL300(点灯/単三×4)amazonで買う
HL-EL300HL-EL300自然光のみ
左から、本体、点灯、無灯火。
上のEL210と比べるとスポット光ですが、集光される分明るいライトです。ただ明るい面積が・・・。

NRS2二代目のヘッドライト。
EL300を二灯つけてました。初代と比べると大分明るくなったことについては間違いないのですが、スポット光の為にアピール力がありませんでした。

▼キャットアイ HL-EL520 (点灯/点滅/単三×4/1800カンデラ)amazonで買う
HL-EL520HL-EL520自然光のみ
左から、本体、点灯、無灯火。
中心光が強力なのでこの写真じゃ分かりにくいと思いますが、今回載せた中では周辺光が多いモデルです。

NRS2四代目のヘッドライト。
閃355Bとコンビを組んで使ってました。初期のEL520より明るいLEDに変更され、1500カンデラから1800カンデラにパワーアップしています。
大きなリフレクターが光が拡散するので、どの角度からでもアピール力があります。暗い場所での点滅機能は、明暗の差が大きくなるので使いづらい気がします。

▼キャットアイ HL-EL530 (点灯/単三×4/2200カンデラ)amazonで買う
HL-EL530HL-EL530自然光のみ
左から、本体、点灯、無灯火。
EL520よりスポット光です。リフレクターが大きいのでどの方向にも拡散します。

点滅機能の有無でEL520 に負け、お蔵入りしたヘッドライトです。
こちらも初期のEL530より明るいLEDに変更され、1500カンデラから2200カンデラにパワーアップしています。
屋外で体感した限りでは、EL520との差は感じませんでした。屋内で天井に向けて照射すると、EL530の方が明るく感じます。

▼サンジェルマン GENTOS閃 SG-355B(点灯/点滅/単四×3/100ルーメン)amazonで買う
GENTOS 閃SG-355B
GENTOS 閃SG-355BGENTOS 閃SG-355B自然光のみ
上段が本体。下段左から、点灯(ワイドビーム)、点灯(スポットビーム)、無灯火。
周辺光が一切出ないスポット光ですが、ワイドビーム(30度)からスポットビーム(8度)まで無段階で調整できます。

NRS2四代目のヘッドライトです。
EL520とコンビを組んで使ってました。とっても明るく、地面を照らすには向いています。
ですが、ランタイムが短いのと、斜めからだと少し目立ちにくいのが気になります。

▼355B+EL520
閃355B+EL520(ワイドビーム)閃355B+EL520(スポットビーム)
左から、閃355B+HL-EL520(ワイドビーム)、閃355B+HL-EL520(スポットビーム)。

比較的明るいモデルを併用してみました。
EL520がスポット光なので、照らしている部分の明るさが目立ちます。速度によりますが、街灯が全くない道でもEL520だけで通用するかと思います。速度を上げたい、周辺まで照らしたい場合は閃355Bの方が向いています。

▼355B+EL520
閃355B + EL520

軽く纏めてみます。
都内の幹線道路などで、自分の存在をアピールする為ならEL210やEL520が、ある程度暗い場所で地面を照らしたいならEL520やEL530、閃355B辺りが最適だと思います。

こんな感じで初レビューを書いてみましたが、如何でしょう?
これでもフォトブログの端くれ。なので、文章より写真メインで頑張ってみました。

まぁライトの善し悪しは、「自分の位置を他者(他車)にアピールしたい!」「地面を照らしたい!」「遠くまで照らしたい!」「振動・衝撃に強いライトを使いたい!」「多少暗くても、電池の持ちが良い方を使いたい!」「明るさの為なら電池代なんて気にしない!」「明るさよりもデザインを重視したい!」など、使用目的に応じて変わりますから、使い分けるのが良いと思いますよ。

それにしても流用していない写真を17枚も使うなんて、ブログ始まって以来じゃないかな?
そしてモニタによっては差が分からないではと少々心配です。露光時間を倍にすれば良かったのかな?


それでは

最近のサイクリング

どうも!最近暑いですね。NRS2です。

さてさて、大分溜まって来たので最近のサイクリングをまとめておきたいと思います。

【2010/02/28 23:48】テールライト
■走行時間 1.18.35
■平均速度 21.3
■最高速度 44.1
■走行距離 27.96
ご近所をポタリングしてきました。

【2010/03/14 23:50】消えゆく夜行に思いを馳せて・・・
■走行時間 2.01.57
■平均速度 20.2
■最高速度 44.8
■走行距離 41.16
再び来近所をポタリングしてきました。

【2010/04/04 23:03】東京スカイツリー
■走行時間 2.02.50
■平均速度 19.9
■最高速度 35.6
■走行距離 40.79
三度ご近所をポタリングしてきました。

【2010/04/18 23:13】暫く撮らないと、下手になります
■走行時間 4.45.50
■平均速度 21.1
■最高速度 40.2
■走行距離 100.99
荒川CRを走ってきました。

【2010/07/18 23:13】やっぱり下手になりました
■走行時間 3.02.50
■平均速度 19.0
■最高速度 65.9←間違いなく混信ですね(笑)
■走行距離 58.24
軽く都内を走ってきました。

こんな感じです。
今回はオンロードばかりですね。オフロードが恋しいです(笑)
いゃ、何度も書いてますが、オフロード走るにはタイヤがへたれ過ぎているので、ついついオンロードばかり走っちゃいます。ブロックタイヤ履いたMTBなのに。

それにしても顔と腕しか日焼けしてません(笑)自転車乗る時にはグローブしてますから、手は焼けませんし、半袖ですから肩も焼けません。つまり、腕だけが物凄く焼けててしまっているのです(笑)まぁ海やプールには行きたい焼け方ではありませんね。どちらも行かないですけど。

上にも書きましたが、タイヤがそろそろ残念な感じになって来たので、そろそろ買えようかと思っているのですが、やっぱりフィールド用のタイヤと普段のタイヤを分けるべきなんでしょうね。ただでさえXC用のタイヤは柔らかいですから、舗装路で100kmも走ったらへたれそうで。。。
でも良いタイヤってなかなか見つからないですね。タイヤの柔らかさと言うか、用途と言うか、それと好みのトレッドパターンってなかなか合わないんですよ。

それでは
amazon
Tweets
プロフィール

NRS2

Author:NRS2
趣味人によるフォトブログ。
鉄道や風景、夜景、動物写真、そして自転車など。メインサイト「趣味人でいこう」も運営中。

カレンダー

08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WEB拍手
クリックで
管理人のやる気が上がります(笑)
カテゴリー
シリーズリンク
趣味人シリーズへのリンクです。
趣味人リンク
趣味でお世話になってるサイトです。
ブログ内検索
このブログ内を検索出来ます。
RSS
カテゴリー別RSS始めました。

お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはこちらから。
返信はfc2.usドメインから行います。
カウンター
あなたは

人目の大切なお客様です。
2006/2/24設置

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。