スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HA・NA・BI 2007 Ⅲ

どうも♪すっかり金欠になったNRS2です。

さて、またシグマさんと「東京湾大華火祭」に行って来ました!今回はどとーんと6枚載せちゃいます!!

▼花火六枚セット(笑)
花火って良いですよね(笑)アサガオでしょうか?大きい花火も良く上がります
レインボーブリッジより大きい花火です!!花火って大きいですね!右が豪華すぎ!

いや、海で上げるだけあって大きい物が多かったです!!今年は隅田川とせいせき多摩川花火大会、そしてこの東京湾大華火祭と見てきましたが、ココが一番でした(笑)

煙は全く問題ありませんでしたが、少しガスってました。最初の方は酷かったですが、時間が経つにつれて改善されていきました。でも、完全に取れてたらもっとクリアなんだろうなぁ

今年は花火を沢山撮りましたが、やっぱり難しいです。どこに上がるのか、プログラム片手でも何号(尺)玉かどうかなんてのは分かりません。風で花火が流れたり、同じ場所で同じ色の花火が何発も上がったり。同じ場所で何発も上がると写真では汚く写ってしまう事が多いです。写真で表現するのは本当に難しいです。やっぱり花火の勉強から始めないとダメみたいです。一応勉強したんですけどね。あっ、HA・NA・BIシリーズはこれで終わりです。ご覧頂き、ありがとうございました。


話題は鉄道に変わりまして、9/15、9/16に「団体臨時特急電車"懐かしのはくたか号"」が運転されるらしいじゃないですか!?しかも489の能登編成!!首都圏で489が順光で撮れるなんてそう何度もある事じゃない!!!と、言う訳で今か撮りに行く気満々です!!ヘッドマークは付くのでしょうか?あの赤いヤツ?臨時だったら凹みます。。。

それでは
スポンサーサイト

HA・NA・BI 2007 Ⅱ

どうも!花火撮影の予定がまだまだあるNRS2です。

さて、8/7に聖蹟桜ヶ丘で行われた「せいせき多摩川花火大会」にシグマさんと行ってきたので、その様子を三枚に凝縮してお届けします!

▼「耳をすませば」でおなじみの丘の上より
こんな雰囲気の花火が多かったです。こんな雰囲気の花火が多かったです。お気に入り(笑)

最後を除いて適度に間隔が空いていて撮りやすかったです。でも、近くにマンションなどが多いのであんまり大きな花火は上がりませんでしたが、「ドン」とお腹に響くような大きな花火があがったので打ち上げ花火としての魅力(迫力)は充分にありました!!
煙の方はまったくと言って良いほど問題なし!隅田川がこうならよかったです。でも、良いポジション探しはやらなきゃいけなそうです。丘の上からだとあんまり良い絵にはならない様です。・・・腕の問題?

去年も思った事なのですが、街灯が期待してたほどありませんでした。当然といえば当然なのですが、写真のマンションは花火とカメラの間にあります。もし、花火側の部屋だったら花火を見るために部屋にいると思います。が、この場合はカメラ側の部屋になります。花火が見えない部屋にこもっている人はあまりいません。部屋に人がいなければ当然灯はつきません。なので街灯がなかったのだと思います。もし、花火と街灯を撮りたいのなら手前に花火、その奥にある街灯を撮らなければいけないと言う事になります。なかなか難しいですね。

▼去年の様子
電線が邪魔です! こういう花火も好きです♪ スターマインだと多重露出を使わなくても画面いっぱいに花が咲きます。
赤い花火って印象的です。 シャッターを開けすぎました 何度も言いますが、電線が邪魔です!!

こう見ると去年撮った物の方が豪華に見えますね(汗)それに今年の打ち上げ場所は二箇所で三箇所じゃなかった気が・・・。撮影場所からじゃ確認出来ませんが。
それと空の色が大分違いますね。今回の方がシャッター短めだったからだと思います。去年は平気20秒近くあけていたカットもありますから。今年は大体5秒、長くても12秒くらいでしたから。
20秒も開けとくと、上がる種類によっては白飛びしてしまいますしね。花火の種類は上がるまで分からないので困ります。


後はお知らせです。
趣味人でいこう本館で行っているメインコンテンツ増強第一弾、自転車道紹介の公開ですが、遅れます!新しい公開時期はまだ未定です。公開を待っていてくれた皆様には申し訳ないです。公開時期が決まりましたら、このブログや独り語、本館のお知らせなどで報告致しますので、そちらをご確認ください。

それでは~

HA・NA・BI 2007 Ⅰ

どうも!夏バテしそうなNRS2です。

さて、タイトルにあるようにシグマさんと「隅田川花火大会」を撮って来ました。撮影場所は向島出口の下です。ここは水面に浮かぶ屋形船の上に花火が咲く・・・予定だったのですが、場所取りに負けてしまいました。

「隅田川花火大会」は昭和53年に始まり今年で30回。その記念として二千発多い二万二千発の打ち上げです!

ではその中で撮った写真を数枚

▼煙が右半分を隠してしまいました。
煙が・・・
見て分かるとおり、風は無風。吹いたとしても私がいたのは風下。煙の影響をモロに食らいました。

▼右側に煙が残ります。。。
左側の電柱がどうしても写りこんでしまいました・・・
本当は右側にも花が咲いていたのですが、煙で消されてしまいました(涙)

▼二番目くらいに好きな種類です(笑)
一番きれいに撮れた・・・ヤツかな?
三色の花火が一番キレイだと思います。

この場所は先にも書いた通り、向島出口の真下です。広角で撮れば高速が写ってしまいます。電柱をクリアしようと右に振ると高架の橋げたが写ってしまうので、この位置だとこれが最善の構図だと思っています。改めて所取りの難しさを痛感しました。

それで近くのおじさんから聞いた話ですが、隅田川の川幅は130m程。打ち上がる花火はこれを越えない大きさで、約4号玉が限度と言われています。何尺玉など、大きく、高くがる物より、スターマインが良くあがると言ってました。その通り、スターマインが多かった気がします。

「隅田」と聞いて連想するのが「隅田タワー(新東京タワー)」です。花火大会の数日前、ロケハンを兼ねて新東京タワ-の建設具合をチェックしに行ったのですが、新東京タワーって2008年に着工なんですよね。知りませんでした。

全く話題が違うのですが、400系の置き換えが発表されました。管理人は新幹線、嫌いではありません。ですが、縁が全くありません。。。
個人的には400系よりもE3系のR1編成を撮りたいなぁと思ってます。見た事はありんですが、撮った事はないんです。E3系1000番台のL51編成、L52編成、L53編成も撮った事が無いのでそれも撮りたい!果たして新幹線の撮影機会はあるのか・・・

それでは~

CTKデキ5重連

どうも!D200のノイズに悩んでるNRS2です。

何ででしょうか?特に変な設定にしている訳でもなく、レンズとの相性が悪い訳でも無いと思うのですが・・・。なので、新宿のニコンサロンに持って行って相談してみようと。18~200VRレンズの中にゴミがあったりしますし(泣)

本題です。秩鉄のデキ5重連にシグマさんと行ってきました。
まずは秩鉄の定番撮影地、ひろせ野鳥の森-石原間で熊谷への回送と5001レを狙う事に。

▼回送
暗い
とにかく暗いです。右下に勾配標が写りこんでます。。。

最初からダメダメな出だしに凹ならがも、少し石原寄りに移動して本番(5001レ)を待ちます。

▼傾き
傾き
ました。近くで見る5重連は想像以上の迫力です!

後続の各停で追い越し上長瀞へ。ここでは荒川橋梁を渡るデキを撮影。が、予想外の増水で撃沈し、さらに凹みながら後続の各停で秩父へ。5002レに乗りたいとの事だったので、入れ替えを見学したり、祭りに行ったりしながら時間潰し。
何だかんだで時間になったので、一路寄居へ。やっぱり重連の時より加速は良かったです。寄居からは各停で先行して石原へ。普段は3両だと短すぎて撮れないと思っていたカーブへ行って見ました。が、5002レは見事に撮り損ね、回送を待つ事に。

▼後追い
ノイズが・・・
回送です。写真では分かりにくいと思いますが、奥の方に牽引のデキが一機います。

ちなみに5002レ、熊谷寄りから302、301、505、503、501と言う順での牽引でした。
はぁ↓D200のノイズやら傾き癖やら色々と課題が見つかった撮影になりました。花火とか撮りに行く予定が多数あるのでノイズ云々は大問題です。早く何とかしないと

それでは
amazon
Tweets
プロフィール

NRS2

Author:NRS2
趣味人によるフォトブログ。
鉄道や風景、夜景、動物写真、そして自転車など。メインサイト「趣味人でいこう」も運営中。

カレンダー

07 ≪ 2007/08 ≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
WEB拍手
クリックで
管理人のやる気が上がります(笑)
カテゴリー
シリーズリンク
趣味人シリーズへのリンクです。
趣味人リンク
趣味でお世話になってるサイトです。
ブログ内検索
このブログ内を検索出来ます。
RSS
カテゴリー別RSS始めました。

お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはこちらから。
返信はfc2.usドメインから行います。
カウンター
あなたは

人目の大切なお客様です。
2006/2/24設置

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。