スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめましてな新幹線

どうも!NRS2です。

今回は、曇り空のもと大宮駅で新幹線を撮影してきたので、その報告を。今回のカメラは、NikonD200、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G、Ai AF-S Teleconverter TC-20E IIです。

▼E6系Z5編成
E6系Z5編成
カメラの準備中にやって来たE6系Z5編成とE5系。

打ち上げ花火を撮影した数日後に電車を撮りに行った際、シャッター速度がバルブままで大惨事になったことがあるので、撮影が終わったらプログラム優先オートに戻すのですが、今回はそれが仇になりました。。。HIDのヘッドライトが正面に来た瞬間にシャッター速度と露出が凄い速度で変化して行きました。。。

▼E7系F1編成
E7系F1編成
やって来ました!「はじめまして」な新幹線!
F編成のトップがやって来ましたよ!

E7系は北陸新幹線開業に向けて増備された新幹線です。最高速度は整備新幹線と言うこともあり、営業運転での最高速度は260km/hと控えめです。
・・・写真が暗いのは置いておきましょう。

▼E2系J70編成
E2系J70編成
新青森延伸に合わせて増備されたJ70編成。

▼E4系P81編成
E4系P81編成
2編成しかいない長野まで乗り入れ可能なE4系、P81編成。
東京方の車は上越新幹線「とき」に合わせた新塗装に変更されていますね。

▼E6系Z21編成
E6系Z21編成
こまちとはやぶさの速達列車を引き継いだE5系E6系のコンビ。
鮮やかな赤と緑のコントラストはお気に入りです。

曇り空でHID4灯を輝かせる新幹線を正面から撮るのは、そもそも撮影地を間違えてるとしか言えないですよね。もっとも、晴れると逆光になるので、曇り空の日しか撮れないのですが。

▼185系OM09編成
185系OM09編成
帰り際、在来線ホームで回送表示で停車中の185系がいたので土呂駅へ先回りして一枚。

こんな感じで、全体的に残念な感じでした。東北新幹線は東海道新幹線を違い、車体の塗装が多種多様なので形式ごとに適正露出を得るのが難しいです。とは言え、E6系、E7系はこのブログでははじめましてな新幹線たちですし、中々個性的な編成が撮れたのでよしとします。

それでは
スポンサーサイト

上野は今日も雨だった

どうも、台風凄いですね。NRS2です。

さて、今回はでっかいレンズを片手に上野動物園へ行って来た!
と言う記事を書こうと思ったのですが、上野に着いてみると突然の豪雨。。。動いている動物を撮りたかったので、最終入場時間近くに行ったのですが、それが仇となり、雨が止む頃には最終入場時間を過ぎておりましたとさ。はぁ。。。

せっかく上野まで来たので、気になっていた京成押上線の高架化工事の進捗状態を確認がてら、八広駅で撮影して来たのでその報告を。今回のカメラは上野動物園での撮影用に用意したNikonD200、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G、Ai AF-S Teleconverter TC-20E IIです。

▼京成3700形
京成3728編成
一番最初にやって来た京成3700形。

▼京急600形
京急602編成
パンタが切れそうです。サムネイルで見ると切れてますよね。
600形は三崎口方一両目後方にパンタが載っているので、他の車と同じ位置でシャッター切ったらダメなんですよね。

▼都営5300形
都営5317編成
個人的には、ミニスカートより大型スカートの方がしっくり来る都営5300形。
この形式は三崎口方三両目にパンタが載っているので、パンタを気にする必要がない分気が楽ですね。

▼京成3000形
京成3001編成
京成の新車も営業運転開始から10年以上もの月日が経過しています。
もっとも、成田スカイアクセス線向けに7次車が登場したので、そこまで古い印象はないんですけどね。

押上線は本当に多彩な形式の電車来るので、短い時間でも楽しいですね!
京成、京急、都営の車両は撮れたのですが、北総鉄道、千葉ニュータン鉄道の車は撮れませんでした。京急1000形も撮りたかったのですが、残念です。

▼ところ変わってJR東日本の115系M40編成
115系M40編成
今回撮影した写真ではないですが、思い入れが強い編成なので一枚。

7月下旬、115系八トタM40編成が長野への帰らぬ旅へ赴きました。
夏季、西浦和で貨物を撮影している時にはコイツが来るまでよく粘っていました。露出が厳しくなる中、設定を変えては撮影して、一喜一憂していたものです。撮るだけではなく、乗っていても楽しい電車でした。サハ115-300番台を連結した唯一の編成でしたし、その運用も多彩かつ独特で、むさしの号やホリデー快速鎌倉号と言った臨時列車を中心に運用に入り、大宮から武蔵野線を経由して八王子や鎌倉まで運転されていました。途中、大宮から武蔵野線への短絡線、武蔵野線から中央線への短絡線、府中本町から新鶴見(信)までの貨物線など、普段旅客列車が通ることのないルートで運転されていたので、乗っているだけでわくわくしたものです。

それでは

迷える趣味人 新幹線を撮るのは難しい

どうも、ゴールデンウィークですね。NRS2です。
今回は前回ブログで書ききれなかった新幹線撮影の難しさを備忘録的に書いてみようと思います。

今回のカメラはD200、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G、Ai AF-S Teleconverter TC-20E IIの組み合わせです。撮影時期が違いますが、被写体が新幹線なので、多分間違いないと思います。

新幹線撮影での悩みどころの一つに、露出やピントがあります。
高速な上に白いボディの東海道新幹線は、その難しさも段違いです。

▼前回のブログから一枚
700系C60編成
小田原駅下り本線を通過する700系新幹線。

焦点距離は35mm換算600mm。これだけの望遠レンズだと、被写界深度は浅くなります。被写体が大きいとは言え、ノーズが長い新幹線の顔にピントを合わせるのは中々大変なものです。しっかりピントを合わせるためにはもう少し絞りたくなりますが、そのためにはシャッター速度を遅くする必要があります。被写体ブレを起こさないためには、出来るたけ早いシャッター速度が欲しいので、ここは悩みどころです。それに適正露出を得ることも考えなくてはいけません。D200が高感度ノイズに強ければ、増感によりシャッター速度の選択の幅が広がるのですが、残念なことに高感度ノイズに弱い機種なので、できるだけ増感は避けたいものです。
ちなみに、このときは1/1000、F5.6でシャッターを切っています。

新幹線撮影の悩みどころはシャッター露出や被写界深度だけでじゃありません。
フォーカスモードの選択も意外と悩みの種になります。

▼コンティニュアスAFサーボ、AF-Cで撮影した写真
N700系
2013年に撮影した東海道新幹線の写真。

このときはヘッドライト付近にフォーカスエリアを重ね続けてシャッターを切りましたが、構図を確認する余裕がないので、左右にスペースがなく、なんとも残念な感じの一枚に仕上がりました。

▼ピンボケ
700系C11編成
ライトにピントが合ったと思ったら、外れてしまったれ例。

このモードでシャッターを切ると強い光源などにカメラを向けるとピントが正しく合わないことがあります。
白い車体の東海道新幹線や高輝度のヘッドライトへカメラを向けると、その頻度も高くなる気がします。テレコンかませてもっさりしたAFですが、次のコマでは焦合してたりします。この辺りはSWMのおかげですね。

▼E3系R19編成
E3系R19編成
大宮駅へ入線するE3系+E5系。

大宮駅みたいな正面でシャッターを切る場合は問題なくAF-Cが使えます。連写する場合、AF-Cの方がピンボケの写真が少ない気がします。

▼シングルAFサーボ(AF-S)で撮影した一枚。
N700系Z52編成
2014年に撮影した東海道新幹線の写真。

基本的に、列車の顔がレンズ面に対して平行になる場面以外ではAF-Sで撮影しています。予め線路や枕木にピントを合わせおき、ピントを合わせた位置に列車が来たらシャッターを切る、所謂置きピン。これが列車を撮影する基本だと思うのですが、どうなんでしょうか。

新幹線をAF-Sで撮る場合、構図が安定する半面、レリーズタイミングが残念なことになりがちです。早すぎたり、遅すぎたりしてピントが外れてしまうとAF-Cに切り替えて撮影するのですが、結局構図が残念なことになります。

600mmの圧縮効果でも怖いくらいの迫力が伝わってくる新幹線撮影。ピント、露出、その他全てにより神経を使います。これは年に一度くらいの撮影では上達しないかな?本当、新幹線撮影は難しいものです。

それでは

東海道新幹線

どうも、自転車で走るには良い季節ですね。NRS2です。

さて、今回は小田原駅で東海道新幹線を撮って来たので、その報告を。
今回のカメラは新幹線撮影ではおなじみの、D200、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G、Ai AF-S Teleconverter TC-20E IIの組み合わせです。レンズをちゃんと書くのは久々ですね。

▼湘南色のE217系F-02編成
F02編成
東海道新幹線と書いておきながら、1枚目はE217系の写真から。
この車両もE233系3000番台の増備と共に横須賀線へ戻るのでしょうか。

E217系はあんまり撮影したことのない車両だけに、その動向が気になります。
湘南色も去ることながら、スカ色のE217系も撮りたいものです。結局未更新のE217系は撮り損ねましたし。

では改めて、東海道新幹線へ。

▼N700系5000番台K4編成
K4編成
いきなりやって来ました、K4編成。

この編成はN4編成としてデビューしましたが、定速運転装置の搭載や中央締結ディスクブレーキへの変更などN700Aに準ずる改造を受け、K4編成へと編成番号の他、番台も3000番台から5000番台へと変更されています。
ロゴマークもN700系従来のマークから、小さなAが追加されたものに変更になっています。

▼N700系2000番台X36編成
X36編成
700系と離合するN700系。
このタイミングだと、上り(左)の新幹線をフレームに入れるかいつも悩みます。

このX編成も、K編成と同様にN700Aに準ずる改造を受けて編成番号の他、0番台から2000番台へと変更になっています。

▼本線(手前)と副本線(奥)のカント
カント
通過列車が走行する本線と、停車する列車が走行する副本線。
改めて見て、本線と副本線のカント量の差にびっくりしました。

N700系はこのカントと車体傾斜システムのおかげでR2500mの急曲線を270km/hで駆け抜けていきます。
この積み重ねが東京、新大阪間5分短縮を実現したんですね。運転手さんは怖くないのかな?

▼700系C60編成
C60編成
やっと来ました700系。
東海道新幹線は700系とN700系の2車種しか走ってないので、段々つまらなくなってきた気がします。

先ほどのまで曇っていたのに、突然晴れました。
こうなると大変なのは、カメラの設定。白トビなどを考えてISO感度やシャッター速度、絞り値、WBを変更します。

▼N700系Z31編成
Z31編成
晴れてくれたおかげで、ノーズの影が出るようになりました。
N700系は影が出やすいので、立体感も伝わりやすくなります。・・・左側が空いているのは残念なところ。

Z編成も近いうちにN700Aに準ずる改造を受け、2000番台、X編成へと変わるのでしょうね。
現行のゴロマークも今のうちに撮影しないと。

▼N700系3000番台N3編成
N3編成
カツカツですね。
構図が安定しないのがなんとも。

こちらも上のZ編成同様、これから改造を受けるグループです。
改造後は5000番台、K編成を名乗ることになります。

▼700系B7編成
B7編成
JR西日本所属の700系がやっと来ました。
基本的に調べて行かないので、ここら辺は運次第です(笑)

再び曇って来たので、設定を戻して撮影していると三度晴れたり曇ったり。
白いボディで高速で通過する新幹線を撮影するときにこれは困ります。白トビさせない設定と写し止める設定の間で試行錯誤しながら撮影してました。

▼N700系3000番台N52編成
Z52編成
そんな中やって来たN700系。
しかし、日が傾くにつれ長くなったビル影が1号車と2号車に落ちる言う残念な状況に。

▼通過に合わせて振り返ると
N52編成とN6編成
N6編成との離合。
もう少し右側に余裕が欲しかった。こちらも残念。

こんな感じです。
久々に新幹線を撮りましたが、露出にピント、レリーズタイミングなど、やっぱり難しかったです。
ちなみにN700AことN700系1000番台も一応撮影しましたが、あまりにも残念なので割愛します。


ではお知らせです。
趣味人(ブログ)にアップロードしているjpgファイルの一部に、ファイル名の重複を発見しました。現在は重複したファイルの確認作業を、これが終わりましたら正しいファイル名への変更・整理作業を行います。一部のファイルが上書きされてしまった可能性もあるので、バックアップと比較しながら時間をかけて行っています。
一部の画像が見れない状態や本来と違う写真が表示される場合もありますが、順次復旧して行くと思いますので、今しばらくお待ちください。

それでは

これまでの日常とこれからの日常と

どうも、桜が散り始める季節ですね。花見をしたかったNRS2です。

さて、今更ながらE3系R編成がこまち運用から撤退したということで、これを中心に色々と書いてみようと思います。
カメラとレンズは撮影時期が異なる写真ばかりなので割愛します。

▼E3系R5編成
E3系R5編成
はやて運用に着くE3系J編成と併結してそれぞれの目的地を目指すE3系R5編成、こまち。

1999年からE2系J編成との併結運転で東北方面への速達列車として運用されてきたE3系R編成。そんな日常も2011年から少しずつ変わり始めてきました。

▼E3系R19編成
E3系R19編成
今までの連結相手であるE2系ではなく、E5系とコンビを組み秋田を目指すE3系こまち。

E3系は山形新幹線つばさとして運用されてきたミニ新幹線、400系で培った技術を基に、難しい新在直通列車の高速化を実現した名車です。営業運転での最高速度は275km/h。500系の300km/hに次ぐ国内第二位タイの駿足でした。320km/hでの営業運転を行うE5系、E6系の登場により鈍足へと化けてしまったE3系は徐々にE6系スーパーこまちにその運用を譲り、今回のダイヤ改正ではついに新在直通・速達列車であるこまち運用から撤退、やまびこ、なすの運用へと転用さることになりました。

新幹線に動きがある度に思いますが、新幹線が輝ける時間と言うのは本当に短いものですね。このE3系R編成も例外ではなく、車歳が若い増備車を除いて廃車が発生しています。

▼E6系S12編成
E6系S12編成
これから日常を作っていくラグシップトレイン、E6系。

まだ習熟訓練を行っていた頃のE6系。このE6系がこれからの秋田新幹線こまちを担っていきます。
最高速度はE3系の275/kmから320km/hへと向上し、対秋田への所要時間が全列車3時間台になっています。

▼E653系
E653系
フレッシュひたちの運用をこなすE653系。

去年の3月に気になる存在と書いた651系とE653系。
共に常磐特急として活躍していたものの、置き換え時期と震災、原発の影響が重なり、本来の計画通りには行かずに活躍の場を失っていました。
E653系は奥羽本線で運行されている485系いなほを置き換え、651系は高崎線で運行されている185系のあかぎを置き換え、スワローあかぎとして活躍をはじめました。

▼651系に活躍の場を譲った185系
185系OM03編成185系B6編成
185系OM03編成(左)、B6編成(右)

新宿発着の1往復を除いて651系へと変更された185系。
国鉄時代に普通から特急まで幅広くこなせるようにと開発されたこの電車も、だんだんと活躍の幅が狭くなりつつあります。東海道本線で特急踊り子として運用されている185系にもこの波が及ぶのでしょうか。


さて、あとはお知らせです。
趣味人(ブログ)から趣味人へのリンクが404エラーを頻発しているので、趣味人(ブログ)の外部リンクを全て貼りなおしました。これで趣味人(ブログ)のリンクをクリックしてもページが見つからないなんてことは無くなったと思います。ついでに各所に設置しているweb拍手のお礼画面を更新しました。今回の更新で3か所に設置しているお礼画面は同一のものに変更しました。
そして動物写真館にアジアゾウとジャイアントパンダを新たに追加しました。今後も動物写真館にどんどん写真を追加して行きますよ!これを書いていたら、動物園に行きたくなりました。

それでは
amazon
Tweets
プロフィール

NRS2

Author:NRS2
趣味人によるフォトブログ。
鉄道や風景、夜景、動物写真、そして自転車など。メインサイト「趣味人でいこう」も運営中。

カレンダー

04 ≪ 2017/05 ≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
WEB拍手
クリックで
管理人のやる気が上がります(笑)
カテゴリー
シリーズリンク
趣味人シリーズへのリンクです。
趣味人リンク
趣味でお世話になってるサイトです。
ブログ内検索
このブログ内を検索出来ます。
RSS
カテゴリー別RSS始めました。

お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはこちらから。
返信はfc2.usドメインから行います。
カウンター
あなたは

人目の大切なお客様です。
2006/2/24設置

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。